「歩きスマホ」に「フェイクスマホ」、現代病「スマホ依存症」を読み解く

MAX88_suwaipu20141025133450

(c)すしぱく

 

もはや人の姿は、スマートフォン(以下、スマホ)を手にして完成する、と言ってもよさそうなほど、誰も彼もがスマホを手にしている。

総務省の調査では、既に60%超がスマホを所有しており、20代に至ってはなんと94%がスマホを持っているという。

何しろスマホは、できることが多彩だ。

様々な調べ物がこれ1台で賄えるし、SNSやメールなどで人々が繋がり合っている(あるいはそんな気持ちでいられる)。おまけにゲームで遊べるし、写真や動画も撮れる。音楽や映像も鑑賞できれば買い物もできる。

そして何よりも、これだけの機能を持ち歩けるのだ。もはや便利すぎてこれがなければ暮らしていけない、という気持ちになるのは当たり前すぎるかもしれない。

そして、よほど冷静で自制心がなければ、“スマホ依存症”への道を、まっしぐらなはずである。

それほどスマホは、魅惑的なガジェットなのだ。

1ページ目から読む