微小電気機械システム「MEMS」が従来の100分の1のコストで製造できるかも

グラフェン酸化膜(中央)が電極を覆うチップ

source:http://news.mit.edu/

 

『MEMS(メムス:Micro Electro Mechanical Systems)』と呼ばれるデバイスがある。日本語では『微小電気機械システム』とも呼ばれる。

シリコンやガラスなどの基板に、センサやアクチュエータ、電子回路などがまとめられた微小なデバイスだ。

この『MEMS』は、2014年で120億ドルの市場を持っていたが、まだまだ一握りの装置。例えばスマートフォンの画面を再設定する加速度計などにしか使われていない。

というのも、『MEMS』を製造するには高度な製造設備が必要で、何千万ドルもかかってしまう。そのため、十分に大きな市場がなければ投資できないのだ。

しかしそれが、なんと100分の1のコストで製造できそうだ、という。

1ページ目から読む