「武装化」を進めるアメリカ市民。銃器専門ショッピングチャンネル、サービス開始へ

shutterstock_25327831

source:http://www.shutterstock.com/

 

アメリカで相次ぐ乱射事件は、この国に暗く深い影を落としている。

「今年この国で起こった乱射事件は何件?」と質問され、正確に答えられるアメリカ人はほとんどいないだろう。

攻撃用銃器を使った犯罪があまりにも多く、当事者であるアメリカ人でも、事件の一件一件をはっきりと覚えていない。

だが、自衛意識の高まりは、日ごとに強まっているようだ。いや、“自衛意識”と言えば聞こえはいいが、要は犯罪者に殺されないように、また犯罪者を自らの手で駆逐するために、強力な武器を買い求めるということだ。

そのニーズを受けたサービスが、来年開始される。

1ページ目から読む