エシカルなお買いもので、タンザニアの有機綿農家を応援「sisiFILLE(シシフィーユ)」

写真提供:PANOCO TRADING

写真提供:PANOCO TRADING

 

「毎日の買い物は、選挙の投票をすることと同じ」とよく言われる。つまり、私たちが何を選び、購入するかが世の中を変えることにつながるという意味だ。

最近、時々耳にする“エシカル消費”という言葉も、そういった考え方を踏まえているのだろう。“エシカル”とは“倫理的”という意味の形容詞だ。この、環境や社会問題の解決に貢献できる商品を買うという“エシカルな消費活動”は、世界に広がりつつある。

そして、今回紹介するオーガニックコットンブランド『sisiFILLE(シシフィーユ)』は、エシカルを正しく表現している商品のようだ。

『sisiFILLE』は、国産としては初めてオーガニックコットン100%を女性用のライナーと、サニタリーパットのトップシートに使用している。

オーガニックコットンは、タンザニア産。タンザニアの有機農家からフェアトレードで購入するだけでなく、この地域で暮らす人々が自立していくための、様々な仕組みを構築する『bioRe(ビオリ)プロジェクト』から生まれたオーガニックコットンを使っている。

1ページ目から読む