あなたのツイートが広告に? Twitterがユーザーの声を活用した広告を開発中

スマホ 男女

(c)すしぱく

 

昨年6月に、創業者のジャック・ドーシー氏がCEOに返り咲き、変革が進むTwitter。

その収益の約9割を、広告収入に頼る同社にとって、広告をいかに売るかというのはまさに生命線である。

そんなTwitterが、現在“Twitterならでは”の新たな広告の開発を行っていると報じられている。

 

この広告は、自由に発言することができるTwitterならではの広告で、なんとあなたのツイートが広告になるかもしれないのだ。

 

ステマではない、生の声を広告に

Twitter社が現在開発しているといわれる広告『Brand Enthusiast Gallery』は、宣伝を行う製品やサービスなどに関するツイートをTwitter側が抽出し、ツイートを行った人物に許可を得た上で、そのツイートを利用できるというものだ。

Twitter上に、数多存在するであろう製品やサービスに関する“良い・悪い”といった声は、レビューサイトなどとは異なり、140文字以下という短文でまとめられた評価であるからこそ現実味があり、かつ的確な評価を下している可能性が高い。

また、当然自由に発言する場であるからこそ、そこで下される評価は真実といえるだろう。ステマなど、レビューの信ぴょう性が問われる中、TwitterというSNSがそこに集まる声を広告にするという発想は、新たな切り口といえるのではないだろうか。

Twitterで、気に入ったサービスについてツイートを繰り返していると、そのうち

「広告に使わせてくれないか?」

という問い合わせを受ける日が来るのかもしれない。

 

【参考・画像】

DIGIDAY

※ すしぱく / PAKUTASO

【関連記事】

※ Facebook「超いいね!」「悲しいね」など5つの感情表現を追加。期待される効果とは?

※ もはやつぶやきではない!Twitterが140文字制限を撤廃し、最大1万字まで投稿できるようになる?

※ TwitterがFacebook化?タイムラインからユーザー親密度に合わせたツイートを優先表示に

※ FacebookがiPhone 6sの「Live Photos」に対応。Twitter、Instagramも続くか?

※ 進む大容量化?次期iPhoneは最大256GBになるかも!