行き先は黄泉の国?リトアニア人デザイナーが手がけた「安楽死ジェットコースター」の是非

Euthanasia Coaster実物大

source:http://julijonasurbonas.lt/

 

「そのボタンを押したら、楽に逝ける。」

高度500メートルの高さで風を受けながら、あなたは一人きりで最後の選択を迫られる。

あなたはジェットコースターの黒い椅子に座っているのだ。

最も高い位置にゆっくりと上がるまでの孤独な2分間に、自分の人生を振り返ったことだろう。そして、頂点で動きが止まり、最後の選択が自分に委ねられている。

「FALL」と印字されたボタンを押しさえすれば、そのジェットコースターは猛スピードであなたを黄泉の国に連れて行ってくれるのだ。

それが、『Euthanasia Coaster』(安楽死のコースター)だ。

1ページ目から読む