お母さんは働くライダー!スマホ普及が生んだ「女性専用バイクタクシー」

Ladyjek

source:http://www.ladyjek.com/

 

インドネシアにとって、2015年は“スマホ元年”であったと言ってもいい。

いや、もちろんスマートフォン自体は以前から普及していた。インドネシアの富裕層の人々は、何年も前からiPhoneを持っている。だが去年は、大きな所得にありつけない人々でも購入できる“安価なAndroidスマホ”が大量に流通した。

首都ジャカルタの“最低法定賃金レベル”で生活している市民が、アプリを使いこなせるようになった。この意味は非常に大きい。

怒涛の影響は、まず運送業界に現れた。“Uber型配車サービス”が続々と登場したのだ。

そして、こんな変わった会社も出現した。“女性専用バイクタクシー企業”である。