世界初!? 脳コントロールで義手の指を個別に動かせた! 

HandOnBrain

Credit: Guy Hotson

 

 

ジョン・ホプキンス大学の研究者が、脳コントロールによって義手の指を、独立して個別に動かすことに成功したようだ。

この報告は、『Journal of Neural Engineering』に掲載されたもので、ジョン・ホプキンス大学のウェブサイトで紹介されている。

 

電極から信号を取得できる!?

これは、もちろんケガや病気などによって腕を失った人のために、その機能を取りもどす技術の研究だ。ただし、今回の実験は、手も腕もある若者が被験者になったという。脳マッピングを行い、自分の腕と手をバイパスして、義手を動かす実験を行ったのだ。

「私たちは、この実験が、脳でコントロールする義肢を使って、特別なトレーニングを行わずに、すぐに指を動かすことができた初の例だと思っています」とNathan Crone教授はいう。

「この技術は、通常、人がテニスボールを握るときのように、人工の指をひとつひとつのユニットとして動かして、つかむ動作ができるような義手を可能にするものです」

この実験の被験者となったのは、てんかんを持つ青年だ。彼は発作のもととなる場所をつきとめるために、ジョン・ホプキンス病院で脳マッピングを受けることになっていた。

脳の働きを記録するための電極を外科手術によって脳に埋め込むので、義肢を動かすための信号も同時に取り出せるのだ。

はじめに、クレジットカードほどのサイズの長方形のフィルムの上に配置された128のセンサーが脳の腕と手をコントロールする部位に設置された。それぞれのセンサーは脳組織の直径1mmほどの範囲を計測できる。そうして、被験者がそれぞれの指を動かすときに、脳のどの部位が働いているのかが記録された。

また、それと同時に、各指に独立して振動が伝わるようにしたグローブを被験者に装着してもらい、触覚に関係する脳の部位の電気的な活動も計測された。これによって脳の中におけるそれぞれの指のつながりも調べることができた。