日本初の人工知能クレープ専門店。究極の味を目指す人工知能は、いかにして成長し続けるのか?

人工知能に触れる機会が増えている。いま特に注目したいA I(人工知能)は、IBMが発表したシェフ・ワトソン。レシピ本の発表が決まり、料理レシピサービス「クックパッド」はワトソンとのコラボレーションレシピを紹介するなど、その活躍はめざましい。

01

そしてこの夏、なんと日本に人工知能のシェフによるカフェが登場した。提供されるメニューは、全6種類のクレープ。生ハムやサーモンなどの食事系、そして果物をふんだんに使ったスイーツ系のメニューが用意されている。

果たして、人工知能考案のクレープの味は? そして、どのように人工知能はレシピを考案しているのだろう?

さっそく6月にオープンしたばかりの「esprit de esprit Crêpe Café & Bar(エスプリ・ド・エスプリ・カフェ&バー)」に、取材をおこなった。応じてくれたのは、代表の並木悠佳さん。

そして、後日、人工知能「esprit(エスプリ)」を開発した株式会社アソビエの石井亮一さんに、追加取材でお話を伺った。

00

esprit de esprit Crêpe Café & Bar代表の並木悠佳さん

 

雑談から誕生した人工知能シェフ

「実は、もともと甘いものがあまり得意ではなかったんです」

開業に至ったきっかけを尋ねると、店長の並木さんから意外な言葉が。人工知能によるレシピの発端は、並木さんが以前在籍していたIT系企業のエンジニアたちとの何気ない会話だったという。

「私はその会社で事務として働いていたのですが、エンジニアの方々が仕事の合間に人工知能を作って遊んでいる様子を見て、『甘いものが苦手な私でも食べられるスイーツを作れないかな?』と聞いてみたことが始まりでした」

そこでまずは試しにと、オープンソースのAIをベースに、レシピ用に新しいアルゴリズムを開発したところ、初めから思った以上に上手くできてしまったという。その後もディープラーニング【*】に独自の工夫を加えていき、espritは作られた。

そこへ、もともと起業を目指しており、料理好きだった並木さんがクレープのデコレーションを考案し、アソビエを始め協力会社からのバックアップを経てカフェ「esprit de esprit Crêpe Café & Bar」は生まれたのだ。

03

espritが提案したレシピは、独自配合された新食感のクレープ生地と、マダガスカル産最高級ヴァニラビーンズと洋酒が香るオリジナルクリーム。さらに、フルーツ好きの並木さんが厳選した新鮮な旬の果物などが、美しく盛り付けられている。esprit考案のクレープ生地はモチモチと柔らかくとてもおいしい。プレオープン時にモニターを募集し試食をおこなった際も好評だったという。

espritが導き出す魚×生クリームのレシピ!?

こうしたレシピはどのように作られているのか? 後日取材したエンジニアの石井さんによると「基本のレシピは、弊社(アソビエ)が独自に組んだスクリプトでWebから自動収集します。それをプログラムと人力でクリーニングし入力していきます」とのこと。

人工知能によるレシピというと、人間には思いつかない組み合わせのレシピが生まれることでも話題となっているが、espritの場合も『思いがけない組み合わせ』が考案されることもあるようだ。

「ただ、IBMのワトソンが考案しているような『思いがけないけれど美味しい』というレシピは現状あまり多くありません。肉や魚と生クリームなど、やや抵抗のある組み合わせが多いもので……もしかしたら意外と美味しいものも多いのかもしれませんが、まだ試すのに勇気が入りますね(苦笑)」

まだメニューがクレープのみということもあり、espritの可能性も未知数の部分が多い様子。それは、今後の課題でもある。

「いまは作成するレシピをクレープだけに絞っているため、基本のレシピのみではいわゆるビッグデータにならず十分な学習が期待できません。かといってあらゆる料理のレシピを入力すると、クレープと関係ないデータが多すぎて、クレープ以外のレシピが出力されてしまいます。では『クレープとクレープに応用できそうなレシピのデータだけ抽出すれば良い』と考えられますが、最適なデータをどのように判別するか、という問題があります。これが非常に厄介なところです」

04

独自の学習によって、人間の感性に近づける

広大なWeb上から最適なレシピのみを選定し、チューニングしていくことのハードルの高さを感じつつも、まったく方法がないというわけではないようだ。

「その問題に対処するため、先述のように、基本のレシピはWebのデータをほぼそのまま用いて人工知能にレシピを提案させ、人間が実際にレシピを再現し、その結果をフィードバックして人工知能を機械学習させるという手法をとりました。もちろんこの方法もビッグデータを取り入れられないという問題がありますが、ここで独自アルゴリズムを用いることで、実際のビッグデータがなくても人間の感性に近づけることができるのではという仮説を立て、実際に試しています。そこで思った以上にうまくいっていますね」

幅広くデータを収集しなくても、フィードバックを繰り返すことによってより人間の感性に近づけていく。この行為そのものが、失敗を繰り返しながら自分自身で成長していく、人間の成長過程に似ているように思える。そこでespritも確かに成長していっているようだ。

「クレープやクリームなど、組み合わせ要素が少ないレシピについては手応えを感じ始めています。まずはこのまま研究を継続して、今後はより複雑な料理、たとえばラーメンのスープのような、使用素材が非常に多く工程も複雑な料理にもチャレンジしてみたいです」と、石井さんの意気込みも感じられる。

05 

人工知能の“希望”に期待したい

これまで勤めていた会社を辞め、新たに店舗を立ち上げた並木さんと、人工知能が生み出す「レシピ」というジャンルに挑戦した石井さん。スタートしたばかりながら、その成果にはどちらも「想像以上に良い感触」と語っている。まだ課題は残るものの「世界中で人工知能が注目され、あらゆる分野への応用が期待されるのも当然」だと改めて感じているようだ。しかし人工知能そのものへの展望については、慎重な意見をもっている。

石井さんは「人工知能の飛躍は、同時に人間の活躍の場が人工知能によってどんどんと奪われてしまうことを意味するわけで、そこに警鐘を鳴らす人が多い理由も、改めて頷けるようになりました。ただ、これだけ可能性にあふれた人工知能の開発を、危険性があるからといって人類が一斉に辞めることは考えられないので、人工知能が人類の命運を握る日は確実に近づいているのも間違いないでしょう。」と語るが、日々その可能性に触れているぶん、必ずしも悲観的な見解ばかりではない。

「人類はいよいよ『パンドラの箱』を開けてしまったのかと思うこともあります。しかし神話にたとえるなら、箱の中には“希望”が残されている。たとえば『人工知能が人類に危害を与えないように制御・対処する人工知能』とか、『人類が抱える山積みの問題を解決し、人類の最大多数幸福を実現するための施策を考える人工知能』のような、来るべき人工知能全盛時代に明るい希望を抱けるような分野の研究に期待しています」

日本で人工知能によるレシピが味わえるのはここ「esprit de esprit Crêpe Café & Bar」のみ。11月30日(火)までの期間限定店としてオープンだが、並木さんは「まだトライアル段階のため期間限定という形ですが、今後良い反響があればさらなる発展も考えています。Web上での施策も現在検討中です!」とのこと。

ここでしか味わえない未来への一歩を、ぜひ楽しんでほしい。

06

代表の並木さんとパ―トナーの吉田玲さん

 

ディープラーニング【*】ニューラルネットワークというアルゴリズムから発展して生まれた。ニューラルネットワークは脳神経の構造を模して研究されたアルゴリズム。ニューラルネットワークを多層化することで、より複雑な表現と計算を可能にしたものがディープラーニングである。

 

<店舗情報>

esprit de esprit Crêpe Café & Bar

(エスプリ・ド・エスプリ – クレープカフェ・アンド・バー)

東京都世田谷区宮坂3-12-4 ドム経堂203A

小田急線「経堂」駅徒歩1分

営業時間:12:00 ~ 23:00(ラストオーダー22:00)

年中無休

tel:03-5426-2027

URL:http://espritdeesprit.com/