乱射事件で使用され続ける自動小銃「AR15」とは?

6841311559_8ce3429794_b

AR15/Photo credit: Moto@Club4AG via Visualhunt / CC BY

アメリカ・フロリダ州オーランドで最悪の事件が発生した。

このオーランドは、ディズニーリゾートやユニバーサルリゾートなどがある観光都市である。それを目的にここを訪れる日本人も多い。そのような賑やかな都市で、実に49人もの死者が発生する乱射事件が起こったのだ。

犯人は自動小銃AR15を所持していた。この銃でナイトクラブの客を次々と射殺したのである。

このAR15という銃、最近になってたびたび耳にするようになった。2012年にコネチカット州で発生した小学校乱射事件の際にも、使用されたのはAR15である。

この銃について語ることは、アメリカの近現代史を語ることと同義なのだ。

 

米ソの突撃銃競争

「突撃銃」と呼ばれる種類の武器が登場したのは、第二次世界大戦中である。

この頃のドイツ軍は、StG44という銃を戦場に投入していた。これは旧来のマシンピストルよりも射程が長く、かつ接近戦にも対応できるような連射性を確保した新式銃だった。この使い勝手は連合国軍にも大いに注目された。

第二次大戦以降、アメリカとソ連はStG44のような突撃銃を開発するよう兵器開発セクションに指示を出す。その中でソ連が生み出したのが、名銃AK47だった。これはいかなる環境下でも確実に動作する耐久性を持ち、最前線の兵士から極めて高い評価を得ることができた。

一方、アメリカもM14という突撃銃を開発する。だがこのM14は、それまでの単射式ライフルから一歩もはみ出ないデザイン設計だった。すなわち、ピストルグリップがないのだ。

にもかかわらず、この銃は連射が可能である。これはどういう意味かというと、連射時の射線のコントロールが極めて難しいということである。要するにM14は、近距離戦闘用としては不適格な銃だったのだ。

そこで軍は、当初M14の次点に過ぎなかったアーマライト社のAR10という銃に目をつける。

 

時代を変えた小口径銃

アーマライトは、もともとは航空機製造を手がけるフェアチャイルド社の銃器製造子会社だった。

そのためアーマライトの銃には、航空機業界では当たり前だったアルミ合金とプラスチックが多用されていた。この銃が設計されていた1950年代当時、銃の素材といえばまだ「鉄と木」だけだったのだ。

AR10の設計主任は、ユージン・ストーナーという人物である。ストーナーはのちに、ソ連のミハイル・カラシニコフと並び「近代銃の巨頭」と呼ばれることになる。

19948110645_008773d410_b

AR10/Photo credit: ScaarAT via Visual hunt / CC BY-NC-ND

M14の代替候補を探していたアメリカ軍は、ストーナーに頼み込みAR10の改良型開発を要求した。AR10もM14も、ともに口径7.62ミリの銃弾を使用する。だが接近戦ではそこまで大きな銃弾は必要としないということが分かってきた。先述の通り、大事なのは接近戦に強いか否かなのだ。

そこで口径5.56ミリの銃弾を使う前提で、ストーナーのチームは新しい軍用銃の開発を始めた。つまりこれが、AR15なのだ。そしてこの銃の軍用モデルにはM16という名称が与えられた。

 

AR15が支持される理由

AR15は今も「アーマライトAR15」と呼称されることが多いが、実は開発後まもなくパテントがコルト社に売却されてしまう。

従って、このパテントが失効するまではAR15はコルトが独占していた。だが今ではパテントフリーになり、銃器製造各社がAR15を生産している。

現在アメリカの民間市場に出回っているAR15は、連射機能を省いたシビリアンモデルだ。だがそれを補って余りある貫徹力と各種副装備を設置できる拡張性、さらに良好な命中精度がカスタマーからの絶大な好評を得ている。

そしてAR15は、しばしばロシアのAKシリーズと比較される。実はAR15を開発したストーナーは、AKの生みの親カラシニコフと会っているのだ。射撃場で互いの銃を試射し、友情を深めたというエピソードもある。

ストーナーはカラシニコフを、カラシニコフはストーナーを生涯尊敬していた。だがカラシニコフにとって不幸だったのは、ストーナーが自身より16年も早くこの世を去ってしまったということだ。

ふたつの銃の奇妙な関係

カラシニコフの作った銃はテロリストの手に渡り、今も世界中を恐怖の底に叩き落としている。そして彼のライバルだったストーナーの銃も、アメリカ史上最悪の乱射事件を発生させてしまった。

このような形でふたつの銃が「共闘」するというのは、まさに歴史の皮肉である。

アメリカが直面しているのは、単に「テロとの戦い」ではないのかもしれない。自国が生み出したものを適切に管理することができない。物事の原因は、まさにそれではないのか。

人類はたった一人で数十人もの人を射殺できるだけの銃を発明した。だが一旦巷に氾濫した銃を管理する方法は、まだ誰も編み出していない。

此度の事件は、アメリカの暗部を照らし出しているのだ。