頭蓋骨に透明な窓を作れば、レーザー治療が簡単に受けられる

透明な「窓」を通してだったら、レーザー治療をほどこすことができる。頭蓋骨にそんな「窓」を設けてやれば、治療のためにいちいち頭蓋骨を開く必要はない。そんな頭蓋骨用の透明な「窓」が研究されている。カリフォルニア大学リバーサイド校のウェブサイトで紹介されている。

Window-to-the-brain

新しい透明なセラミック素材

この研究は、カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)、さらにメキシコのエンセナーダ高等科学教育研究センター(CICESE)の研究者らが中心となった学際的なプロジェクトによって行われている。

開発されているのは、文字どおり、脳への「窓」だ。その窓を通じて、医師は脳にレーザー治療を行うことができる。これは、脳腫瘍や外傷による障害、神経変性による病気や脳卒中などの治療に有効だ。そして、最近の研究によって、この「窓」の素材は、生物適合性があり、細菌感染への耐性も高いことが明らかになったという。

この研究の発端は、UCRのアギラール教授らの研究チームが透明なイットリア安定化ジルコニア(YSZ)を開発したことによる。このYSZは尻に使うインプラントや歯冠に使うセラミックと同じものだ。この素材を「窓」のように使うことで、患者は負担の大きい開頭手術を何度も受けることなく、必要なときにレーザー治療を受けることができるようになるのではないかと考えた。

この透明なYSZは、以前からあるガラスをベースにした素材よりも耐衝撃性が高く、前述の生物適合性と細菌感染への耐性の高さの面でも、頭蓋骨へのインプラントに有望だと見られている。研究室での実験においては、「窓」を通したレーザーによって、周囲の組織にダメージを与えることなく大腸菌の感染を治療したという。

「これは、われわれのインプラントが脳の病気の治療に役立つだけでなく、脳へのインプラントの際に起こりがちな細菌感染症に対しても有効であることを証明したという点で、非常に重要な発見です。というのは、多くの抗生物質が血液脳関門を通過できないからです」と、UCRのビンダー博士はいう。

 

拒否反応も起こりにくい

また別の論文においては、動物実験によって、この素材が拒否反応を起こさなかったことが発表されている。

「YSZは、すでに使われているチタンや熱可塑性ポリマーよりも生物適合性が高いことがわかったのです。これはわれわれの透明なYSZを頭蓋骨インプラントの素材として使うという研究にとって朗報です」と前述のアギラール教授はいう。

研究チームは昨年10月、今後5年以上にわたるプロジェクトのために500万ドルの研究資金を獲得した。研究チームの長期目標は、レーザー治療が有効な脳の病気の患者のケアとして、この技術を標準的な手法にすることだ。

WTTB-team

 

新素材の開発や治療法の進化によって、従来は想像できなかったような病気のケアが可能になってきそうだ。脳に透明な窓を設けるなど、まるでSFの世界のようだが、近い将来に実現してもおかしくない技術になっているようだ。

 

【参考・画像】

University of California,Riverside