中国が渋滞回避の手段として出したアイデアが驚き!

 

中国も、経済成長に合わせて都市部の渋滞が深刻な課題となっている。

そこで捻り出されたアイデアが、渋滞の上の空間を活かそうという新しい交通手段だった。

それが、道路を走る自動車たちを、さらにまたいで走行するバスだ。

何とも単純かつ大胆で、マンガチックなアイデアであることに心配してしまうが、着実に実現に向かっていると言うから驚く。

このたび、めでたく走行実験が開始されたのだ。

 

本当に作ってしまった!

この自動車たちをまたいで走行するバスは、『Transit Elevated Bus』と名付けられ、略称は『TEB』が使われている。

今回、走行実験が行われたのは秦皇島(チンファンダオ)の市内。実験車は第一号という意味で、『TEB-1』と名付けられている。

その姿は横に引き延ばした巨大なモノレールのようだ。下半分は道路を走行する一般の自動車をまたぐ為のトンネル状態になっているため、乗客スペースは上半分となる。

実験走行は、約300メートルの直線状のレール上を徐行するに留まったが、実際に作ってしまったところが驚く。

 

渋滞を避け、渋滞の原因にもならない

『TEB-1』は2車線の道路を走る自動車たちを素通りさせるために、横幅は8メートル以上ある。長さは約22メートルだ。

乗客スペースは幅が約7.6メートル、長さが約22メートルいっぱいを活用するため、かなり広い。一度に載せられる乗客は約300人にもなる。

しかも、列車のように連結して運行することも想定しているので、300人×連結車両数の乗客を一度に運ぶことができるというわけだ。

しかも渋滞はありえないので、時速約65キロでの快適な移動を見込んでいる。

渋滞をまたいで走行できると言うことは、同時に『TEB-1』が乗客を乗降させるために停車している間も、一般の自動車は『TEB-1』の下をくぐって走行できるため、渋滞の原因にもならずにすむ。

 

さまざまな課題を乗り越えられるか

しかし、ことはそう単純ではないと思える。

何しろ『TEB-1』のトンネル部分の高さは僅か約2メートルだ。これではルーフトップに何か積んでいる自動車は引っかかってしまうし、トラックであれば激突してしまう。

もちろん、既存のバスなども天井が剥ぎ取られてしまう。

また、これほどの大きさと重量に耐えられる道路は限られるため、改めて都市計画から見直す必要も出てくるだろう。

それに、お互いに高速走行している自動車と『TEB-1』の車輪部分は、すぐにでも接触事故を起こしそうな構造になっているようにも思える。

例えば、車でトンネルをくぐるとき、そのトンネルも動いていることを想像してみて欲しい。

そんな簡単に幾つもの問題が想像できるというのに、すでにブラジルやインド、インドネシア、そしてフランスの政府までもが導入についての興味を示しているというから驚く。

そのような反響があって張り切っているのか、考案者は1年から1年半で実用化できるだろうと発言している。

もっとも、僅か数キロの直線でも、実用化したぞと言えるのではあるが……。

 

【参考】

China finally built an elevated bus that straddles traffic and it’s totally bizarre – The Verge

China has actually built an elevated bus that travels above car traffic – TechCrunch