まるで魔法?目の前の物をスローモーションで揺らす額縁

Slow Dance_main

source:https://www.kickstarter.com/projects/xercyn/slow-dance-a-frame-that-slows-down-time

その額縁の中だけが、周りと異なった速度で時間が流れているように感じる。
そんな魔法の額縁が登場した。

花や葉っぱ、羽など、揺れるものをその額縁の中に置くと、それらだけが周りの時間の流れから遮断されたように、ゆったりとスローモーションの映像のように揺れはじめる。

この不思議な額縁『Slow Dance』は、クラウドファンディングのKickstarterで、本稿執筆時点で15日のキャンペーン期間を残しながら、すでに目標額の5倍に達しようとしている資金の調達に成功している。

いったい、どんな仕掛けなのか?

額の内側だけ時間がゆったり流れる?

『Slow Dance』は非常にシンプルな製品で、飾り気のない額縁の中にコイルが設置されているだけに見える。

 

ところが、このコイルの両端に、花や葉、羽といった揺れるものを固定すると、それらがスローモーションで揺らぎはじめるのだ。

まるで額縁の中だけ周りの時間とは別の時間の流れが存在しているかのような不思議な感覚をもたらし、初めて見る人は、まるで魔法にかけられたかのような錯覚を起こすかもしれない。

これは額縁内に置かれた物体が、精密に制御された高速点滅するLEDによって照らされていることで起きる現象で、脳に錯覚を起こさせているという仕掛けだ。

Slow Dance

source:https://www.kickstarter.com/projects/xercyn/slow-dance-a-frame-that-slows-down-time

高速な点滅が脳に錯覚を起こさせる

LEDは1秒間に80回点滅している。この速度の点滅では、人にはそれが点滅だとは知覚できないため、単に照明が当たっているようにしか見えない。

そして、コイルの両端に(あるいはどちらか一方に)揺れるものをセットすると、それがコイルと磁石の反応によって揺らされる。

取り付ける

source:https://www.kickstarter.com/projects/xercyn/slow-dance-a-frame-that-slows-down-time

ところがそれらの物体には高速で点滅する照明が当てられているため、点灯したタイミングだけの状態を網膜が捉えることになり、その残像で物体がスローモーションで動いている様に見えてしまうのだ。

この見え方には3つのモードが用意されており切り替えられる。

「Slow Dance」はスローモーションで見える。

Slow Dance

source:https://www.kickstarter.com/projects/xercyn/slow-dance-a-frame-that-slows-down-time

「Double Trouble」は物体が二重にダブって見える。

Double Trouble

source:https://www.kickstarter.com/projects/xercyn/slow-dance-a-frame-that-slows-down-time

「Pop and Lock」は動きがコマ送りで見える。

Pop and Lock

source:https://www.kickstarter.com/projects/xercyn/slow-dance-a-frame-that-slows-down-time

非日常的な空間がリラックスさせてくれる

映像ではよく目にするスローモーションが、現実の空間で起きているのは不思議な感覚になるだろう。

ちょっとリラックスしたいときや気分転換したいときに、手軽に非日常的な空間を感じることができれば面白いかも知れない。

VRやARなど、デジタルで作られた世界をディスプレイを通して体験することが主流となってきている現代に、現実の空間で実態のある物体が非現実的な動きを見せてくれるのは、却って新鮮な気がする。

 

【参考】
※ Slow Dance ? A Frame that Slows Down Time by Jeff Lieberman – Kickstarter