触覚グローブでそこにあるという感覚を体験

Gaming

source:http://www.dextarobotics.com/

仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)の技術が進歩し、さまざまな分野で取り入れられてきている。しかし、これらの技術で作り出される世界を感じることは、かなりの部分を視覚に依存しており、もう少し足りない部分がある。

そう、体感だ。

特に手で触ってオブジェクトの存在感を実感できるという体感が足りない。

そこで、登場したのがVR(あるいはMR)向けの触覚グローブ『Dexmo』だ。

これで私たちはVR上のオブジェクトの大きさや硬さを、手の感触からも得られるようになる。

 

VR上の物体の存在感を手で感じる

『Dexmo』を発表したのは、中国のスタートアップ企業であるDexta Roboticsだ。

『Dexmo』は外骨格型のグローブで、これを手に装着することで、VR上の物体に手で触れることができるようになる。

VR上で手の動きを追跡するコントローラーはすでにあり、「HTC Vive」「PlayStationVR」「Oculus Rift」にもそれぞれ対応したコントローラーがある。

『Dexmo』がそれらのコントローラーと異なるのは、VR上の物体に「触った」感覚がフィードバックされることだ。単に手や指のトラッキングだけでなく、VR内でボールをつかんだら、ちゃんとボールの感触がフィードバックされる。

たとえばボールであれば、そのサイズよりも内側に指が動けないような圧力が加わるため、物体のサイズを感触で実感できることができるわけだ。

GraspingStone0

source:http://www.dextarobotics.com/

 

また、その感触は物体の硬さに応じたフィードバックを得られるため、たとえば金属のボールであれば硬く感じ、ゴムの性質が設定されているボールであれば柔らかく感じて指もある程度内側に(つまりボールが変形して)食い込む程度のフィードバックが得られる。

 

指の動きを制御する外骨格

『Dexmo』でVR上の物体を感じることができるのは、『Dexmo』の五指に備えられた外骨格が指の動きを制御するためだ。

この外骨格が指に力を返すことで、指はVR上の物体の形状や硬さに応じて動きを制限されることになる。

内蔵バッテリーを搭載しているため無線で使用することができ、「HTC Vive」「PlayStationVR」「Oculus Rift」「Hololens」などのデバイスとしても利用できるように対応する予定で、既存のコンテンツでも硬さの設定を追加すれば感触を得られるようになるという。

Technical Illustration

source:http://www.dextarobotics.com/

VRやMRの普及を加速させる可能性

『Dexmo』はまだ開発途上の製品であるため、今後も改良が続けられる。

利用できる分野としては、真っ先にゲームが浮かぶが、そのほかにもマシンエンジニアの遠隔トレーニングや医療機器の遠隔操作といった応用範囲も考えられる。

slider-combo

source:http://www.dextarobotics.com/

いずれにせよ、このようなデバイスが進化して普及すれば、VRやMRによって作られる世界がますます現実味を増し、遊びや学習、仕事といった生活のさまざまな場面が、VRやMRに移行していくことを加速するかもしれない。

 

【参考】

※ Dexta Robotics

※ This Robotic VR Glove Lets You Feel Virtual Objects In The Physical World