どす黒いブラックホール丼に銀河のように美しいパフェ、六本木に登場!

現在、森美術館で開催中の「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」。9月12日(月)より、この展覧会にちなみ森タワーのミュージアムカフェ「THE SUN」で、「宇宙と芸術展」をイメージしたコラボメニューが登場。

真っ黒なブラックホールかきあげ丼に、銀河の美しさを閉じ込めたパフェ。
0912_futurus_宇宙アート01
まずは見た目のインパクトが凄まじい「ブラックホールかきあげ丼」。
竹炭を加えて調理されたという魚介のかきあげとごはんは、驚きの黒さだ。トッピングとして載っているウズラの卵や金箔(きんぱく)、銀シュガーは、太陽をはじめとした宇宙の星々を表現している。

ちなみに器は、同展に出展されている「うつろ舟」をモチーフにデザインされたもので展覧会場にてグッズとして販売もしている。ぜひ合わせてチェックしたい。

 

0912_futurus_宇宙アート02

そしてゼリーやブルーベリーソース、パンナコッタを折り重ね、銀色のシュガーをちりばめて銀河をイメージした「惑星と時空間のパフェ」。美しくてミステリアスな層の上には、惑星をイメージしたティラミスアイスと柚子アイスが乗っている、宇宙とかわいさが融合したスイーツだ。

価格は「ブラックホールかきあげ丼」が1,280円、「惑星と時空間のパフェ」が900円。いずれも提供は10月31日まで。

0912_futurus_宇宙アート03

11月1日からは、宇宙空間をそのまま再現したようなスイーツが登場。
惑星をかたどったカシスムースやピスタチオアイス、そして焼きチョコレートでできた隕石、チーズケーキの流れ星を盛り合わせた「惑星と時空間のスイーツプレート」だ。宇宙の美しさに想いを馳せつつ、アイスに焼きチョコ、そしてチーズケーキまで様々な食感を贅沢に楽しむことができそう。価格は1,200 円。

宇宙をアートの視点から切り取ったというユニークさが話題を呼んでいる「宇宙と芸術」展は、2017年1月9日まで開催。

チームラボが仕掛けた体感型インスタレーションをはじめ、歴史的文化財や現代美術で表現された宇宙のすがたを楽しんだあとは、フル稼働した感受性を宇宙スイーツでホッと休めよう。

 

「宇宙と芸術展: かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」開催概要

展覧会名: 宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ
会期: 2016年7月30日(土)-2017年1月9日(月・祝)
会場: 森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階 開館時間: 10:00-22:00|火10:00-17:00

*いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで *会期中無休 *「六本木アートナイト2016」開催に伴い、10月21日(金)は翌朝1:00まで、

10月22日(土)は翌朝6:00まで
入館料: 一般1,600円、学生(高校・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円

*表示料金に消費税込

*展望台 東京シティビュー、屋上スカイデッキへは別途料金がかかります。 一般のお問い合わせ:Tel: 03-5777-8600(ハローダイヤル) 森美術館ウェブサイト:www.mori.art.museum