太陽光だけで250km走る!エコな“モス”内装もユニークな電動ソーラーカー「Sion」

sion_garage_single-1500x844

クルマの排ガス問題で注目が集まる電気自動車だが、ドイツではなんと太陽光だけで250kmもの距離を走れる電動ソーラーカーが登場。内装には植物を使った独自のシステムも採用し、徹底的にエコにこだわったクルマが『Sion EXTENDER(サイオン・エクステンダー)』だ。

 

高効率のソーラーパネル採用

cxyqbnvbxnwm16px6esx

ドイツのスタートアップ企業Sono Motors(ソノ・モータース)が開発したこのクルマ。注目は、ボディに装備されたソーラーパネルで発電する独自のviSonoシステムだ。
ハンマーで叩いても割れないほど丈夫な、8mm厚のポリカーボネイト製パネルを採用。これを全長4,100mmのボディのルーフやボンネット、リヤパネルなど総面積7.5㎡に敷き詰めている。

このシステムにより、一日あたり最大で30kmもの距離が走れるほどの電力を生み出すことができるのだ。そして、フル充電時は前述の通り航続距離は250km。片道100km程度の遠出なら、十分走行が可能だ。

 

最高速度140km/hまでOK

sion_interior_seats-1024x576

搭載する電動モーターは出力50kWで、最高速度は140km/hまで出すことができる。

日本なら、高速道路でも十分走れる走行性能だ。バッテリーの充電は、太陽光のほかに電源ステーションなどでも可能で、30分で80%までチャージできる急速充電タイプを採用。電気自動車で問題になる、充電時間が掛かりすぎる問題に対処している。

乗車定員は、前3名×後3名の計6名。6人乗りの5ドアミニバンだから、ファミリーユースとしても十分使える広さを持っているのだ。

 

室内に苔?

breSono_close-1024x678

このクルマが面白い点がもうひとつ。独自の空気清浄機構としてbreSonoシステムを採用しているのだ。

これは、車内のダッシュボードなどに装備した(植えた)モス=苔により、天然のエアフィルター効果を出すというもの。CO2(二酸化炭素)を吸ってクリーンなO2(酸素)を出すという植物の特性を活用した、とてもユニークなエコシステムだ。

採用している苔は、独自の品種を使用するため水やりの必要もなし。お手入れ不要で、ナチュラルな空気を室内に満たしてくれる。

interior_display

 

お値段は約183万円

基本的に、太陽光がエネルギー源だから電気を買う必要がなく、お財布にもやさしいこのクルマ。しかも、要は「走る太陽光発電所」にもなるわけだから、災害時の非常電源としても十分使えそうだ。

 

camping_test-1024x576

なかなか魅力的なのだが、気になる価格はというと、なんと1万6,000ユーロ、約183万円! 最近のエコカーとしてはかなり安い部類だ。また、最大航続距離が120kmの「Sion URBAN(サイオン・アーバン)」というモデルもあり、こちらはさらに安い1万2,000ユーロ(約138万円)での販売を予定している。

ちなみに、これらのクルマは現在プロトタイプがすでに完成。生産体制の費用を集めるために、クラウドファンディング・サイトの『INDIGOGO』でキャンペーンを実施したばかりだ。結果は、24万6,680ユーロ(約2,900万円)を集め見事成功。順調にいけば、2018年中の販売を目指している。

 

【参考】

※ Sion. A Solarcar for everyone. – Indiegogo

※ Sono Motors