テスラの技術で、島の電力を丸ごと太陽光発電でまかなう

lighthouse-1

Photo via Visualhunt.com

 

孤島の電力はどのように賄われているのだろうか。

それも、本土から送電できないような孤島だ。

タウ島はアメリカ領サモア・マヌア諸島にある島だが、アメリカ西海岸からは約7,700km、ハワイからでも約4,000km離れているため、当然ながら電力は自前で賄わなければならない。

ではどのようにして賄っているのかというと、ディーゼル発電機で発電してきた。

しかし、当然ながら、燃料は本土から船舶で運ばなければならない。

そのため、燃料が不足し、停電することもあった。

そこでこれからは、島が自給できるエネルギーで発電することを目指すことになった。

そう、この島にふんだんにあるエネルギーは、太陽光だったのだ。

 

太陽光で発電して丸3日分の電気を蓄える設備

SolarCityは最近Tesla Motorsが買収した太陽光発電のベンチャーだ。会長はイーロン・マスク氏が務めている。

そのSolarCityの太陽光発電システムに、Teslaの電力会社向け蓄電池であるPowerpackを組み合わせた発電設備がタウ島に設置された。

タウ島の電気事情を一変させたのだ。

設置された発電設備には5,328枚のソーラーパネルが設置され、1.4メガワットの発電を可能にする。

そして60台のPowerpackが、6メガワット時の出力を支える。Powerpackの蓄電量は、わずか7時間のフル充電で丸3日分の島の電力を賄えるというから驚く。

つまり、太陽光が豊富なタウ島では、100%太陽光発電で電力をまかなえるのだ。

 

コストダウンと安定した電力の両立

これまでタウ島では、ディーゼル発電機で島の電力を賄ってきた。しかし、約600人の住民が暮らすタウ島の電力を賄うには問題があった。

年間10万9500ガロン(約41万4500リットル)の燃料を必要とするため、燃料価格が上がると海上の輸送費も含めて島の財政を圧迫していたのだ。

しかも何らかの事情で本土からの燃料輸送が滞る度に、島全体が停電に見舞われていた。

タウ島では水を吸い上げるポンプも電気式であるため、停電すれば水が手に入らなくなる。

また、病院や警察、学校と言った施設の稼働にも支障が出た。

そのため島では、燃料が不足しそうになると、電気を使える時間帯を制限するなどしてしのいできたのだ。

しかしこの度設置された太陽光発電施設を使えば、燃料不足の心配もなくなり電気の供給も安定する。しかもコストも安くなると言うからいいことずくめだ。

 

化石燃料に頼る電力から脱却した島

こうしてタウ島では、いち早く化石燃料からの脱却を果たした。

この実績は、まだディーゼル発電をしている多くの孤島にとってのモデルケースとなるだろう。

本土からの輸送に頼らない、低コストでクリーンで、自立した発電システムが、孤島の生活を変えていこうとしている。

 

【参考】

※ Island in the Sun – SolarCity