逆転の発想か?下から注ぐビールディスペンサー『BEER BUDDY』

This glas of cool beer was shot in the end of the flickr meeting Halle Saale 2011.

Photo credit: M. Grunwald via VisualHunt / CC BY-NC-SA

 

ビールディスペンサーの形を思い起こしていただきたい。

それは本体の側面に蛇口がついていて、そこからグラスへビールを注ぐというものだろう。言い換えれば、グラスの真上からビールを入れていくという構図だ。

だが、それをグラスの下から注げばどうだろうか?

 

「下から注ぐ」って、どうやって?

ビールの本場ドイツから、こんな製品が登場した。

『BEER BUDDY』というものだが、これは「グラスの下から注ぐビールディスペンサー」だ。

一体どういうことか? まずは下の動画を見ていただきたい。

 

要は、専用グラスと一体の製品である。このグラスを接続部に差し込むことで、一定量のビールを注いでくれるというわけだ。

グラスに一工夫加えることでまったく新しい仕組みを提示したこの製品、目標金額の倍以上の資金を『Kickstarter』で集めている。同サイト内での提供価格は、本体とグラス6個で199ユーロ(約2万5,000円)。300人近くのユーザーが出資に名乗りを上げている。

 

専用グラスは必須

ただやはり、「専用グラスがなければただの箱」という点は否めない。

筆者は何のしがらみのない他人を持ち上げることはしないし、その製品のマイナスポイントがあれば遠慮なく指摘するつもりだ。このあたり、グラスデザインにさらなるラインナップを加えるということも考えなければならないだろう。

これが果たして普及するかどうかは分からないが、クラウドファンディング発の製品らしい要素が詰まっていることは確かだ。

 

【参考・動画】

※ THE BEER BUDDY – Kickstarter