レーザービーム攻撃をレーザービームのシールドで防ぐって、もはやSF

Photo credit: dmuth via Visual Hunt / CC BY-SA

 

敵の基地を偵察していた航空機に、敵の基地からレーザー光線が照射された。すかさず偵察機もレーザー光線を照射して、大気中にシールドを張る。

すると敵のレーザー光線がシールドで跳ね返され、基地のレーザー砲が破壊された。

これは今のところSF映画のワンシーンだ。

しかし、このような兵器が50年以内に実現すると発表された。

 

レーザー攻撃をレーザーで防ぐ

米BAE Systems社は1月15日に、レーザー兵器を防御するシールド『Laser Developed Atmospheric Lens』(LDAL)のコンセプトを発表した。

LDALは今後50年以内の実用化が目指されており、敵からのレーザー兵器から航空機や船舶、車両を守るために、同じくレーザーを使うことでシールドを張るという技術だ。

LDALの一つの使い方は、レーザーによって成層圏の気体をプラズマ化し、イオンのレンズ膜を作り出すというものだ。

このレンズを通せば、偵察したい敵地の映像が拡大されるという。

このことによって、これまで以上に離れた位置から、敵の状態を把握することができるようになる。

そしてもう一つがシールドとしての機能だ。

敵から照射されたレーザー光線を、LDALで作られた大気中の鏡によって敵に反射し返すというのだ。

 

レーザーで大気をレンズや鏡に変える

LDALが利用しているのは、「Kerr Effect」(カー効果)と呼ばれる物理現象だ。

「Kerr Effect」は大気中の局所にレーザーを照射し、イオン化して高温にすることで、光学的な現象を作り出すという効果だ。

つまり、大気中にレンズや鏡を作り出し、光を屈折させたり反射させることが可能になる。

もう、ずばりSF映画でおなじみのシールドではないか。

ただ、この「Kerr Effect」を兵器として応用するというアイデアは、今回の発表がおそらく世界で初めてとなる(SF上ではあったかもしれないが)。

 

SFが現実となる日

LumOptica社のCEOであるCraig Stacey氏は「レーザー物理学において非常にエキサイティングな時を迎えた」と語り、「我々はBAE Systems社と協力することで、このようなゲームチェンジ技術が、今後達成される可能性がある」と期待を表した。

今回公開された映像はまだコンセプトムービーだが、これが実現すれば、また一つ、SFの世界に現実が追いつくことになる。

 

【参考】

※ Directed energy atmospheric lens could revolutionise future battlefields | BAE Systems – International

※ Laser Weapons Will Turn Earth’s Atmosphere Into Lenses, Deflector Shields – IEEE Spectrum

※ Atmospheric ‘lens’ could shield troops from laser weapons