ドローン搭載のメルセデス・ベンツが街中を走る!

小包の配送が今までの3倍速くなる

メルセデス・ベンツ社と、ドローン開発を専門に行っているスタートアップ企業・Matternet社が、Vision Van(ビジョン・バン)なるライトバンを製作し、発表を行った。これを使えば、今までの3倍以上も迅速に小包が配達されることになる。ライトバンの屋根の上には、社が独自に開発したMatternet M2なる新型ドローンが2台搭載されている。このドローン1台で、約2キロほどの小包を19キロの広範囲にわたる地域まで、一度の充電で運べる能力をもっているという。

source:WikipediaCommons

 

ドローンの中には、小包の宛先はもちろん、配達経由のデータや特殊バッテリーが組み込まれている。このバッテリーは、自動的に電池が補助として補給される仕組みになっているため、およそ10時間は持続して使用できる。また、ライトバンそのものもユニークだ。車内には、ロボット機能で動く特殊な棚が設置されており、これによって郵便物の仕分けが自動的に行われる。そして、配達準備が完了した小包をドローンが自動的に選び出して配達するわけだ。

Matternet社のCEO、アンドレアス・ラプトプロウス氏は、「弊社では、さらにドローンを開発し続け、サイエンス・フィクションに登場するようなツールをたくさん開発し、世に送りだしていきたい」と述べている。このMatternet社は昨年、ユニセフのために無人飛行機を製造し、これを使いマラウイにエイズ・テスト用の採血サンプルや医薬品を届ける役目を果たしており、業界で一躍注目を浴びる存在となった。

 

source:http://www.guideautoweb.com/en/galleries/40082/mercedes-benz-concept-vision-van-door-to-door-delivery-drones/?im=13

 

渋滞や小路にも対応

迅速に小包を配達するのみならず、このVision Vanを使えばさらにスムーズな配達が期待できる。たとえば、交通渋滞に巻き込まれたときや、立ち入り禁止の場所近くに配達をしなければならない場合など、ドローンを飛ばせば目的地まで確実に小包を届けることができるだろう。また、自然災害を受けた被災地へ援助物資(医療品など)を運ぶ場合にも威力を発揮するだろうと期待されている。

source:http://www.carros.nl/achtergrond/vision-koeriersdienst-drones

 

さらに複雑な作業をこなせるよう改良されれば、このドローンを活用する場面がさらに増えるだろう。たとえばデパートの倉庫から、配達すべき商品をドローンが選び出し、収納を待つトラックまで運ぶことも可能になるかもしれない。ドライバーは小包を運送するだけで済み、従来行っていた仕事の負担を軽減する役目をこのドローンが果たすようになるのではないか。

このVision Vanのように、人の仕事を請け負うドローンがさらに改良を重ね、多くの場で実用化されれば、ロボットと同様に私たちの生活に将来、欠かせない必需品になることは間違いないだろう。現在まだ開発中のため、Vision Vanがいつ実際に使われるようになるのかは未定だが、その日が待ち遠しい。

 

【参考】

Mercedes-Benz and Matternet unveil vans that launch delivery drones – TechCrunch