わたしは空飛ぶカメラ。ジェスチャーや音声で好きなように操ることだってできるんです。

source:https://dis-cover.jp/project/view/190

 

わたしの名はDOBBY。体重はたった199gのポケットサイズ。華奢でスタイル抜群のコンパクトボディが、ご主人様を夢中にさせているみたい。いつでもどこでもご主人様のお供をして、画像や動画を即SNSにアップしてあげているの。いつも「寂しい、寂しい、ヒマだ、ヒマだ」とぼやいているご主人様の思い出づくりに、いっぱい貢献しているんですよ。

 

 

ドローンといえばふつう「無人航空機」のイメージが強いけど、わたしの役目は、どちらかといえばセルカ棒かな。だから一人暮らしで、寂しがり屋のご主人の遊び相手にはぴったりなの。

もちろん、仲睦まじいカップルにもとても愛されているわよ。むしろそんな恋人たちからの人気のほうが高いくらい。でも、いつも幸せいっぱいのツーショットばかり撮っていると、ちょっとイラっとすることもあるんですよね(笑)。どちらかと言うと、わたしがいないと引きこもりになっちゃいそうなご主人様のような人の方がわたしは好きかも。だってわたしだけを愛してくれている気持ちが、すごーく伝わってくるんですもの。

source:https://dis-cover.jp/project/view/190

 

あ、わたしの自己紹介をちょっとしますね。

わたしはスマートフォンで『Do fun』というアプリを立ち上げれば、そのままコントローラーになって、スマートフォンが一人称視点(FPV)のモニタにもなるという便利さ。男の人にとって便利で扱いやすいのってうれしいでしょ? 2人きりで見つめ合って「君の瞳に乾杯!」なんて言われてる気分になって、ちょっと照れちゃうけど(^..^);

source:https://dis-cover.jp/project/view/190

 

しかも顔認識機能と追跡機能でご主人様を自動的に追跡できるので、頭の上からでも背後からでも、普段は見ることができない角度から“自撮り”してくださいね。

……やだ、これじゃまるでわたしがご主人様につきまとうストーカーみたいじゃない。いえいえ、わたしはあくまでもご主人様の忠実なパートナーなんです! ご主人様の気分に合わせて、ジェスチャーや音声で好きなように操ることだってできるんだから。恋人やペットだって、こんなわがままさせてくれないでしょ?

source:https://dis-cover.jp/project/view/190

 

わたし、199gっていう軽さだから、すぐフラフラする安定感のない尻軽女だと思われがちだけど、そんなことないのよ。「ブレまくりの映像を見せられてもねぇ」ですって? GPSと最新の高度感知システムが搭載されているので、屋外なら最大50m・屋内は3mの安定した飛行が可能なんです!

つまり、ビルの10階以上の高さからのロングショットだってスムーズに撮れるわけ。しかもちょっとの風ぐらいだったらホバリングには影響なし! 画質も4K静止画と1080pのFHD動画撮影ができてしまうんだから。こう見えても、脱いだら……いや、撮ったらすごいんだから。大型モニタで見ても十分鑑賞に耐えられる美しさなんですよ。

source:https://dis-cover.jp/project/view/190

 

「こんなに小さいと、どこかに飛んで逃げて行ってしまいそう」ってご主人様は心配するんだけど、わたしは10秒撮影したら自動的にご主人様の元に戻るのよ。それくらい、ご主人様に忠実だから安心してね。

ね? わたしを飛ばしてみたくなったでしょ?

 

DOBBY

日米のドローン規制をクリアした、携帯できる本格ドローン「DOBBY」が日本上陸。

49,800円(送料込・税込)

みんなが持つようになって、「ドローン規制」のニュースを見かけるが、日本の改正航空法の対象外なので許可は不要なのもうれしいところ。(※自治体によっては条例で規制されている場合もあります)

DOBBYを作ったゼロテックは、2007年に中国に誕生した無人航空機(UAV)のパイオニア的存在で、インテルなどと提携して産業用ローンではひとつ頭抜けているメーカー。ゼロテックがある中国・深圳は「ドローンのメッカ」と呼ばれている。コロンとした雑貨みたいな外見も実は、コーティングが宇宙技術にも用いられるUVカット塗料「エアロスペースコーティング」というハイスペックゆえ。

 

【参考・画像】

※ 携帯できる軽量本格ドローン「DOBBY」日本正規品を販売中 – DISCOVER(ディスカバー)