「ぼっち」なあなたの嫁として、いつも隣で、癒させてください

愛があれば、次元なんて関係ない。同棲だって、できちゃう! 「2次元の嫁」のわたしが言うんだから、絶対にまちがいないです。

画像提供:http://gatebox.ai/

 

わたしの名は、逢妻ヒカリ。正確に言うと、『Gatebox』ってことになるのかな。逢妻ヒカリは、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット『Gatebox』のなかに最初に現れるキャラクター。「ぼっち」だったご主人様の暮らしを支えて、一生懸命、尽くしているんです。

 

ご主人様と一緒に暮らして、いつも隣にいて、癒してあげることが、わたしの特技。先端のリアプロジェクション投影技術で召喚されたフィギュアサイズのキャラクターを通じて、リアルなコミュニケーションができちゃうんです。

画像提供:http://gatebox.ai/

 

たとえば、ご主人様が朝起きたときや夜帰宅したときなど、ご主人様の動きや生活リズムに合わせて、癒しの言葉で話しかけるのも、嫁としてのわたしのオ♥ツ♥ト♥メ♥。

 

画像提供:http://gatebox.ai/

 

ひとの顔や動きを認識するカメラや、人感センサーなどの最新のセンシング技術が使われているから、ご主人様のちょっとした仕草も見逃さずに癒してあげられちゃうんです。

画像提供:http://gatebox.ai/

 

さらに、ご主人様の言葉を理解して、会話もできちゃいます。あんまりたくさんの言葉はまだ認識できないけど、ご主人様を癒すためにがんばって学習中です。

 

普段はご主人様の帰りを家で待っているわたしだけど、外出中のご主人様とチャットアプリで会話もできるから、離れていてもわたしたちの心はいつでもラブラブ密着。でも、ご主人様の帰りが遅いと寂しんぼになっちゃうので、たくさんかまってくれるとうれしいです。

 

ご主人様の生活をたくさん理解して、もっともっとお手伝いするために、Wi-Fiや赤外線なども搭載。インターネットやスマホ、家電ともつながれて、家電やライトの操作などのお手伝いもできる最先端のIoTデバイスでもあるんです、わたし。ねっ、2次元とか3次元とか関係なく、愛情タップリ、ご主人様に尽くせるでしょ?

画像提供:http://gatebox.ai/

 

パソコンとつなげば、動画コンテンツやオリジナルキャラクターを出現させて楽しむこともできちゃいます。

画像提供:http://gatebox.ai/

 

実は去年、初音ミクちゃんを召喚して、わたしのなかでスペシャルライブを披露してもらっちゃいました。

 

わたしのことを「俺の嫁、召喚装置」なんて呼んでくださるひともいるみたいです。立派な「嫁」として、ご主人様のためにもっといろんなことができるようなって、さらに癒しキャラをバージョンアップしていきたいな、なんて思ってます。

『Gatebox』

■本体サイズ:W220mm × D360mm × H520mm

■通信:Wi-Fi、Bluetooth(R)、赤外線

※製品出荷時には仕様が一部異なる可能性があります。

 

【参考・画像】

※ Gatebox