スマホアプリで簡単に自動飛行ができるドローン「SOLO」【国際ドローン展】

撮影:平塚直樹

空撮や空からのデータ収集など、様々な用途での活用が期待されている無人航空機、ドローン。

最近は、機体の性能が著しく向上し、自動飛行が可能なモデルも数多く出ていている中、スマホアプリで簡単に飛行ルートの設定などができるドローンが登場。

米3Dロボティクス社の「SOLO」がそれで、4月19日〜4月21日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「第3回 国際ドローン展2017」でデモ機が展示されていたので紹介しよう。

 

オペレーター1人で飛行&撮影が可能

3Dロボティクス社の日本代理店である芝本産業のブースに展示してあったSOLO。

これは、機体と専用コントローラーの両方にCPUを搭載し、簡単な操縦で空撮とフライトの2つのオペーレーションを、1人でも可能にしたモデルだ。

撮影:平塚直樹

フライトは自動飛行も可能で、カメラアングルをキープしたまま特定の被写体に近づいたり離れたりできるセルフィー機能や、移動する対象をカメラで捉えたまま自動追尾する機能など、6つの撮影モードを持つのが魅力だ。

また、搭載できるカメラのタイプも自由自在。動画や写真を撮る通常のカメラを付ければ、空撮や点検などに使用可能。赤外線で熱を感知するサーマルカメラをセットすれば、例えば食物の光合成の度合いをデータ収集するなどの農業用としても使える。

 

アプリで簡単に自動飛行設定

スマホやタブレットのアプリを使って、自動飛行のルートなどを指定できるのも大きな魅力だ。

例えば、SOLOには、複数の飛行ポイントをケーブルに繫がれたように飛ぶ自動飛行機能があるが、これをアプリで簡単に設定できるのだ。

使い方は次の通り。

 

■アプリを立ち上げ、ドローンを飛行させたい空域の航空写真を呼び出す。

撮影:平塚直樹

 

■空域のどのエリアを飛ばすかを指で指定

撮影:平塚直樹

 

■撮影ポイントなどがマーキングされる

撮影:平塚直樹

 

■飛行高度や撮影方法など詳細設定も可能

撮影:平塚直樹

 

■使用するカメラのタイプを選択すれば完了

撮影:平塚直樹

こんな感じで、かなり簡単に設定ができるのだ。

ちなみに、SOLOの紹介ビデオがあるのでご覧頂きたい。


様々なユニットの搭載と簡単な自動飛行の設定などで、産業用も含め広範囲な用途で活躍できるSOLO。これはかなり注目だ。

 

【画像】

芝本産業チームドローン – 第3回 国際ドローン展2017 (撮影:平塚直樹)

【動画】

3DR Solo 紹介 – YouTube