GADGET

無骨でスマートな電動アシスト自転車、デンマークより現る

電動アシスト自転車は、日本ではまだまだ「主婦か高齢者のもの」というイメージが強い。 これは結局、初期の電動アシスト自転車が主婦と高齢者を販促ターゲットにしていたということの名残りだと筆者は考えている。TBSで放映されてい […]

スマートフォンを「最強のデジカメ」に昇華させるスマホケース

スマートフォンは「最高のデジタルカメラ」だと、筆者は考えている。 写真撮影とは、特殊な風景写真を例外にすれば「シャッターチャンスを掴む作業」だ。それを考慮すれば、ハイエンド一眼レフカメラの高性能がむしろ邪魔になってしまう […]

カナダの現役子育てママが、子守用IoT製品を開発

IoTは、決して複雑なものではない。 平たく言えば、あらゆる物体の動作をインターネット経由でユーザーに伝えるということだ。 たとえば、ドアノブの開閉動作を家主のスマートフォンに通知すると、何が起こるのか。その部屋にいつ人 […]

水中ドローンが「摩訶不思議な進化」を遂げている

「何だこれ!」と叫びたくなりそうな製品が、クラウドファンディングに時折登場する。 製品というものは生物と同じく、斜め上の進化を遂げるものもある。だがそれらは意外にも、用途に応じた合理性を徹底して突き詰めた結果「そうなった […]

「フォーマルなスマートウォッチ」の可能性を考える

「スマートウォッチ」という単語から、何を連想されるだろうか。 そしてそれらのスマートウォッチのデザインは、フォーマルなものかカジュアルなものか、はたまたスポーティなものか。筆者の偏見だが、スマートウォッチのデザインと聞く […]

やっぱり「水耕栽培」は世界的な流行だった

水耕栽培キットがここまで流行するとは思わなかった。 しかもその流行は世界的なものである。今存在する技術を動員すれば、野菜は自宅で育てるほうが合理的だということに皆気づいているのだ。 野菜価格は気候変動に左右される。昔のよ […]

紙のノートにも「指紋認証」が必要だ

今やどんなものにも、指紋認証がついている。 スマートフォンなどのモバイル機器は当然ながら、パソコン、家電製品、スーツケース、ドアノブに所有者の指紋を読み取らせるということがすでに広く行われるようになった。アメリカでは拳銃 […]

スマホの「大型化」にはもうウンザリ、という人もいるはずだ

これに不満を感じている人は、相当数いると筆者は確信している。 ハイエンドモデルが一様に大型化したということは、日本人の所有するスマホのほとんどがボリュームアップしたという意味だ。だが新興国市場に流通するミドルエンド、ロー […]

2017年はプロジェクターの「カンブリア紀」か

「ホームシアター」というものは、少し前までは「金持ちの道楽」と思われていた。だが、今は違う。映像を映し出すプロジェクターが多機能化すると同時に、目に見えて小型化した。するとプロジェクターというもの自体、じつは液晶画面より […]

12345