MOBILITY

電気アシスト自転車は、「自分で改造するもの」になるのか

  日本語で記事を書く以上、対象としている読者は主に日本人である。 だからこそ、筆者は常に我が国日本の法律を遵守することを考える。 これは法改正の必要性を求めない、というわけではない。技術の発展のためならば、今 […]

12345