クラウドファンディング

「フォーマルなスマートウォッチ」の可能性を考える

「スマートウォッチ」という単語から、何を連想されるだろうか。 そしてそれらのスマートウォッチのデザインは、フォーマルなものかカジュアルなものか、はたまたスポーティなものか。筆者の偏見だが、スマートウォッチのデザインと聞く […]

やっぱり「水耕栽培」は世界的な流行だった

水耕栽培キットがここまで流行するとは思わなかった。 しかもその流行は世界的なものである。今存在する技術を動員すれば、野菜は自宅で育てるほうが合理的だということに皆気づいているのだ。 野菜価格は気候変動に左右される。昔のよ […]

「ひとり1台の小型家電」は省エネを促す発想だった

我々の住む日本という国は、夏と冬の気候差が極めて大きい。夏は高温多湿、冬は低温乾燥という基本サイクルで、あたかも別の国のような落差である。そのため、個人向けの気温調節家電というものに大きな需要がある。フロア全体ではなく、 […]

「スマホをノートPCにする機器」が流行の兆し

  「ゆとり世代はブラインドタッチができない」ということを聞いたことがある。だが、webライターで生計を立てている筆者からして見れば、たとえそうだとしてもまったく問題はない。なぜならブラインドタッチ云々は入力の […]

「キャリーバッグ+位置情報」は、もはや当然のものか

外務省が『ゴルゴ13』とのタイアップ企画を実行していることはご存知だろうか。 これは、海外でのテロや犯罪の危険を啓発し、同時にその対応策を一般に周知させる目的で行われている。海外進出を果たした中小企業や個人旅行者は、防犯 […]

天気予報は「個人で観測する」のが常識になる

天気予報を見たことがない、という人はいないはずだ。 だが、それは果たして正確なものだろうか? いや、確かに現代技術を駆使した天気予報が外れるということは滅多にないが、今自分が立っている位置の気象情報がテレビで放映されてい […]

進化した小型防犯用品『Revolar』は、まるで「マグマ大使の笛」

『マグマ大使』というヒーローがいた。 このマグマ大使は、怪獣が現れたらマモル少年が笛を使って呼び出すという仕組みを採用していた。よく考えたら、これは極めて斬新なアイデアである。笛を吹く回数で緊急度を表し、それに応じた強さ […]

「三輪車両」の復権が近づいている

  なぜ、三輪車は日本では定着しなかったのだろうか? 終戦間もない頃は、オート三輪が都市物流の中核を担っていた。原子爆弾を投下された広島市に本社を置く東洋工業(現・マツダ)が、壊滅的状況からどうにかラインを稼働 […]

「言葉の壁」が崩壊する日は近い

  世界中の言語を話すことができれば、どんなに便利だろう。 筆者は独学でインドネシア語の基礎会話を何とか習得したが、下手な発音の言葉でも大いに助かっているという自覚はある。そのおかげで、いろいろな人に巡り合うこ […]

12345