メガネもコンタクトも不要!米MITが開発した意外すぎる新技術

対象物の側で視力を矯正してしまう

MITの研究者は、眼鏡をかけたひとが対象物を見る場合、じつはその多くのケースで3Dのものではなく2Dのものを見ているということに気づいたという。新聞、雑誌、コンピューターのディスプレイなどだ。そして、スマートフォンに装着して視力を矯正してくれるローコストなディスプレイを試作した。

このディスプレイは、眼鏡なしで3D画像を見せる技術のバリエーションになるものだそうだが、3Dディスプレイが左右の目に少しだけ異なる画像を投影するのに対し、この視力矯正ディスプレイは、瞳の異なる部位に対して少しだけ異なる画像を投影する。そうすることで、眼球のなかの”ピンボケ”を補正するのだという。

Vision-correcting displays02

1ページ目から読む