太陽電池を古いバッテリーから生成する革新技術は何を意味するか

太陽電池に使われれば環境汚染の心配は少ない

さらに、先のことまで心配するならば、太陽電池に使われた鉛は完全に覆われ、容易には環境を汚染することはない。また、太陽電池が寿命を迎えたとしても、比較的簡単にリサイクルすることが可能だという。

電池の廃棄と太陽電池の生産というのは、環境負荷やコストの面で現代社会の大きな課題のひとつだといえるだろう。今回MITが発表したこの方法が、将来の鉛電池の処分と太陽電池の生産方法の主流になっていくのかどうかはわからない。しかし、こういった技術革新がいくつも登場し、取捨選択されていくなかで、現時点での課題もやがては解決されていくだろいうという希望を強く感じさせる技術だ。

動画は、使用済みバッテリーから太陽電池のためのフィルムを作り上げるためのプロセスを紹介したものだ。エキサイティングではないが、現実的な印象を受ける。

*出典:MIT News

1ページ目から読む