ダイソン初のロボット掃除機「360 Eye」は想像以上に凄いヤツ

360度カメラによる画像解析技術

これまでのロボット掃除機は床をランダムに掃除するものにすぎなかった。そのため掃除エリアがまばらで、均等にすべての面を掃除するにはあちこち行ったり来たりするため時間もかかり、バッテリー消費も激しい。

ダイソン360Eye

これをダイソンは部屋全部を見渡すことのできる360度カメラ「360° ビジョンシステム」で解決。本体上部に取り付けられた360度カメラで一度に全周囲を撮影、部屋の中の特徴点、例えばTVの角、テーブルの角などを把握。三角法を使いマッピングすることで部屋の構造、掃除機の位置を正確に把握することで、部屋全体をまんべんなく掃除することが可能となった。

ダイソン360Eye

掃除方法は右回転による一筆書き方式。障害物を避け、マッピングしながら拭き残しのないように全体を掃除し、完了したら自動的に充電ポイントに戻る。

1ページ目から読む