魔法の指輪が現実に「ジュエラブルデバイス」が次々と登場

デザインと機能を競う指輪型ウェアラブル

それでは現在の所、どのような指輪型ウェアラブルが登場しているのだろうか。特に注目されているものを取り上げてみたい。

Ring(Logbar)

この製品のプロモーションムービーを見たときは驚いた。このような小さなデバイスを嵌めた人差し指を動かすだけで、他のデバイスを操作したり、文字を入力したりできることに驚いたのだ。

「Ring」は指の動きを解析して、外部デバイスを操作したり、スマートフォンの様々なアプリを操作することができる。

また、独自の「リングフォント」と呼ぶ文字パターンを指でなぞるゼスチャーを行う事で、スマートフォンやスマートウォッチなどに文字入力を行う事ができる。

SmartRing(MOTA)

「SmartRing」は表示部分が分かり易いように大きくデザインされているため、表示されるアイコンが明瞭だ。

ペアリングしたスマートフォンなどのデバイスに届いたメールやFacebook、Twitterからの通知を受信し、「SmartRing」にはアイコンで表示される。スケジュールのアラートもしてくれる。

Smart Ring

また、時刻も表示できるので、腕時計が不要になる人も出てくるかもしれない。販売時期が未定だが、既に予約注文を受け付けている。

Smarty Ring(Smarty Ring)

「Smarty Ring」は機能も名称も前述の「SmartRing」に似ている。スマートフォンを常に確認しなくても、各種受信や着信を「Smarty Ring」上のアイコン表示で知らせてくれる。

Smarty Ring

電話の着信では拒否もできる。また、バッテリー残量も知らせてくれるし、スマートフォンを置き忘れて遠ざかった場合のアラート機能もある。

こちらも時刻表示機能があるので、時計代わりにも使用できる。

セットの充電スタンドは無線給電式なので、置くだけで充電できる。

ただ、「Smarty Ring」には搭載された機能によって、一部の機能だけ搭載された「Smarty Ring – Clock」とフル機能搭載の「Smarty Ring」の2タイプがあるので注意が必要だ。

1ページ目から読む