実は家庭に届いているEVやPHVのための200V電源

分譲マンションなどでは共用部に当たる駐車場に充電コンセントを設置するに当たって他の住民全員の承認が必要であるなどの問題はあるが、一軒家などは問題なく設置可能だ。

EVコンセントの設置にあたっては電気工事業者でなくては取り付けをすることが出来ない。無資格者が取り付けることは法規上許されないので、ご近所の電気工事業者かEV、PHVの販売店に相談してほしい。

一般論として近所の電気工事業者のほうが自動車販売店で依頼するよりも工事費が2割程度安くなる傾向にある。また、キャンペーンなどで自動車販売店がEVコンセントの設置工事費を負担してくれる場合もあるため、そういったキャンペーンは活用したほうがいいだろう。

なお、今回の記事執筆にあたり分電盤の蓋を外した筆者だが、第一種電気工事士、電気工事1級施工管理技師の資格を有している。余談だが、国沢光宏さんのご自宅にEVコンセントを取り付けたのも筆者だ。

1ページ目から読む