Googleのハンドルが無い「究極の自動運転車」は時期尚早か

ハンドルもブレーキも無い究極の自動運転車

その丸みを帯びたファニーな外観に加えて、これまでの車両と異なり、ハンドルやアクセル、ブレーキなどが付いていないことから大きな反響を呼んだ。

完全な自動運転車として設計されているため、ドライバー用の操作系統が必要無いという訳だ。

車両に乗り込み、ルートを入力して「発進」と「停止」のボタンを押すだけで自律走行する仕組みで、最高速度は25マイル(約40キロ)に抑えられている。

Google_Car

こうした「潔い仕様」は世の中に与えるインパクトが大きいだけで無く、人間のミスを排除して安全性を徹底して追求する同社の思想を明確に表現する手段としては効果的だったかもしれない。

「Google」は既にこの試作車を100台規模で製造開始しており、今後2年以内にカリフォルニア州で小規模な試験運用を始めたい考えだ。

しかしながら、ここへ来て全自動運転車を一般市街で走らせるという同社の目標の前にカリフォルニア州の新規制が立ちはだかることになった。

1ページ目から読む