Googleのハンドルが無い「究極の自動運転車」は時期尚早か

自動運転に新たな規制

米カリフォルニア州DMV(陸運局)は9月16日付けで発行した通達で、自動運転車に「公道を走行中は運転者が必要に応じて物理的制御を行えること」を義務付けた。

これにより自動運転車にはハンドルとアクセル/ブレーキペダルが必要に。

同州で先行する自動運転車関連の規制は世界の国々が追従する可能性が高いだけに、「非常時にドライバーが即座に介入できる構造が必要」との判断はごく常識的なものと言えるだろう。

GoogleはDMVの通達を遵守、簡便な構造のステアリングホイールとペダルシステムを搭載する予定。

同社が目指す「究極の自動運転」実現までにはまだまだ長い道のりを経る必要が有りそうだ。

*参考:カリフォルニアDMV「自律走行車について」DMV速報

1ページ目から読む