FCV、PHVの仕組みとは?次世代自動車を整理してみた

基本の用語はHVとEVとFCの3つ

続いて次世代自動車にまつわる用語を説明したい。まずHV(ハイブリッド)だ。エンジンとモーターという2つの異なる力をミックスさせて走るクルマだ。その代表格は、世界初の量産ハイブリッドの名誉を得るだけでなく、実際に大ヒットとなったトヨタのプリウスだ。

そのハイブリッド用の電池に、直接、外から充電できるようにしてあるものは、PHV(プラグイン・ハイブリッド)と呼ぶ。三菱のアウトランダーPHEVのPHEVは「プラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ヴィークル」の略だが、これはあくまでも三菱独自の呼び方。基本的にはアウトランダーPHEVも普通のPHVとなる。

三菱アウトランダーPHEV

続いてEV(エレクトリック・ヴィークル)。電気で走るクルマである。

日産のリーフや、三菱i-MiEV、BMWのi3などが該当する。純粋に電気だけで走るため、ピュアEVと呼ぶこともある。また、電池容量(=航続距離)の不足を補うために、発電用エンジンを搭載するアイデアがある。そのシステムをレンジエクステンダーと呼ぶ。つまり発電用エンジンで走行出来るレンジ(距離)をエクステンド(拡張)するという意味だ。BMW i3にはレンジエクステンダー版も販売されている。

BMW i3

FC(フューエル・セル)は燃料電池のこと。そのFCを使って走行する車両がFCV(フューエル・セル・ヴィークル)=燃料電池車である。単純にFCと省略されることも多い。

燃料は水素だ。

その水素を大気中の酸素と反応させることで発電し、その電気を使ってモーター駆動する。つまり、電池の代わりにFCを積んでいるだけで、実際の走りはEVとなる。また、減速時の運動エネルギーを回収して再利用するために、HV同様に二次電池(リチウムイオン電池など)を搭載しているのも特徴だ。

ちなみに、こうした次世代自動車ではなく旧来のガソリン・エンジンやディーゼル・エンジンなどの内燃機関はICE(インターナル・コンバッション・エンジン)と呼ばれている。

トヨタFCV

1ページ目から読む