FCV、PHVの仕組みとは?次世代自動車を整理してみた

次世代自動車は、誰が勝ち抜くかではなく助け合う間柄

HV、EV、FCという次世代自動車は、それぞれに良い点と悪い点がある。HVで言えば、あくまでもガソリンが必要であり、本格的にガソリンが不足したときに走れなくなる。

また、二次電池を搭載するだけコストが高くなり、燃料費に優れるディーゼル・エンジン車との差が意外と小さいこともある。ただし、航続距離が長いというメリットがある。さらにガソリン・スタンドというインフラが、すでに整っているのも強みだ。

EVの問題点は、航続距離の短さ。また、搭載する電池がコスト高であること。充電用のインフラがまだ整っていないことも悪い部分だ。ただし、ランニング・コストはガソリンよりも現状では安い。さらに電池の価格は量産効果で徐々に下がってきている。走行中に排出ガスを出さないクリーンさも魅力である。意外にドッシリとした乗り心地で、加速性能に優れているのも良い部分だ。

FCは、なによりもFCスタックの価格がべらぼうに高額だ。車両に搭載する水素タンクのコストも高い。また水素を充填するインフラもほとんどない。それに対して、良い点というのは走行中に排出するのは水だけというクリーンさ。

また、水素はさまざまなエネルギーから作り出すことができる。太陽光や風力などのクリーン・エネルギーからも、天然ガスからも、製鉄時にできる複生ガスからも作り出せる。つまりエネルギーを運ぶ器として見れば水素は、便利な存在であるのだ。

つまり、それぞれの次世代自動車には利点も弱点もあるため、どれかひとつが他を駆逐する存在にはなり得ない。逆に、近距離のシティコミューターはEV、オールマイティな利用にはHV、都市間移動のようなルート走行にはFCというように、それぞれの特性にあった使い分けが考えられている。

もちろん、現状から一足飛びに、次世代自動車の世界へ変更することはない。しかし、いつのまにかハイブリッド車であるプリウスが当たり前の存在になったように、ジワジワと次世代自動車が増えてゆき、気がつけば~というのがリアルな未来ではないだろうか。

1ページ目から読む