日本ではなぜドローンが普及しないのか

ドローン、UAV、マルチコプターとは?

まず整理したいのが用語。ドローン、UAV、マルチコプター、クワッドコプターなどさまざまな呼称があり、混乱、混同して使っていることが日本での問題を複雑にしているようだ。

uav

まずUAV、Unmanned Aerial Vehicleは無人航空機。これは通常の有人航空機に対するもので、人が乗っていない航空機をさす。

ドローンはロボットを意味する言葉で、遠隔で人が操縦するUAVと異なり、予め決められたコースに沿って飛行したり、プログラムにより自律制御される意味合いが強い。

dji s1000

クワッドコプターはローターの数を意味し、クワッドは4つ、ヘキサコプターなら6つ、オクタコプターは8つとなり、それらを総称してマルチコプターと呼ぶ(参考:クワッドコプターの飛行に制限はあるの、許可・申請はいるの? 【ワンダードライビング】)。

無人航空機と模型航空機の違い

無人航空機、UAVは軍用に開発されたものを想像すると分かりやすいが、カメラが装備されており遠隔でパイロットが操縦できるものだ。このカメラをFPV、First Person Viewと呼ぶが、FPVを装備することで無人航空機は数キロ先の遠隔であっても操縦可能となる。

dji phantom2

日本でも一般に普及しはじめているマルチコプターはそのほとんどがラジコン、模型航空機である。FPVは備えず、通常のラジコンと同様に操縦者がコントローラを使い、有視界で飛行させる(参考:無人航空機と模型航空機。アメリカでの利用状況と法整備【ワンダードライビング】)。

アメリカで社会問題へ

アメリカで問題となって規制が求められているのは無人航空機、FPVを備えたものだ。航空機とUAVのニアミスが頻発、衝突が危惧されている。

Amazonはドローン配達実験をアメリカ連邦航空局(FAA)に許可申請をし来年には商用利用を開始する予定であるが、上記の背景からFAAは認可に慎重であると言われている(参考:米旅客機が3月に小型無人機とあわやのニアミス=FAA – WSJ)。

1ページ目から読む