陸・空で変幻自在の「空飛ぶタクシー」が実現する

空港まで行かずに搭乗できる

「SkyCruiser」の場合、例えば下図のようにA地点(サンフランシスコ)からB地点(ロサンゼルス)までの間545kmの距離を移動しようとした場合、クルマで空港まで移動、搭乗を待って離陸、着陸後にまたクルマで移動と、計3時間以上要するところを僅か1時間強で目的地へ到着可能になる。

Krossblade_SkyCruiser

現計画では搭乗できる旅客数が5名と少数ではあるが、ちょっとした広場さえ有れば離陸が可能なので、「空飛ぶタクシー」のような利用方法が考えられる。

Krossblade_SkyCruiser

「SkyCruiser」の実機が完成すれば「EV」と「VTOL」技術の融合により、従来の旅客機に比べて時間と燃料を大幅に節約可能となり、簡便な高速移動手段が実現しそうだ。

*参考:Krossblade Aerospace Systems

 

【関連記事】

「空飛ぶクルマ」が実現!? 米トヨタが特許出願、未来はすぐそこに?

空飛ぶクルマが直面する5つの課題

空飛ぶ自動車がウイーンでついに公開された

陸・空で変幻自在の「空飛ぶタクシー」が実現する

空飛ぶクルマが実現すると世界はどうなる?

1ページ目から読む