このクールすぎる電動水上バイクは環境面もケアする

環境面でどんな影響をもたらすのか

まず「Quadrofoil」はゼロ・エミッションの水上バイクであるため、埋め立て処分となる廃棄物を一切排出しない。
もしこのような水上バイクが普及していく事になれば、少しでも多くの環境問題にアプローチしていける事になるだろう。

さらに「Quadrofoil」は、湖や川、海だけではなく、モーターボートの進入が禁止されている海洋保護区にも適していると製作チームは述べている。

 

今後に期待

スロベニアに本拠を置く開発チームによると、「Quadrofoil」は2015年3月をめどに数量限定での出荷を予定しているとのことで、価格は18,700ドル、限定版が28,000ドルとなっている。

日本でもこのような”エコ”と”クールさ”を兼ね備えた水上の乗り物に乗れる日が来る事を心待ちにしたい。

 

【関連記事】

※ 【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

どんどん水をキレイにしてくれる、環境にやさしいビキニはこれだ!

※ 自動車業界を席巻しつつある「SUV」は何故人気なのか?

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

※ 【注目の東京モーターショー】トヨタの新発想!ニューレトロなコンセプトカー「KIKAI」

1ページ目から読む