うっとり!光る自転車道路がオランダで完成

ゴッホの史跡をめぐる道路

この自転車道路はゴッホの故郷ブラバントにあるゴッホに関連した旧跡をつなぐ道路で、その名も Van Gogh cycle pathという。

今回オープンした”光る道路”はその一部にあたる。最新の技術革新と文化遺産のコラボとして計画されたものだ。なお自転車道路というものも現代のオランダを象徴する存在として認識されているようだ。

Bicycle_Path02

場所は畑のなかの田舎道で街灯などもないようだ。そのおかげか、光る自転車道は非常に幻想的だ。

夜間の道路の安全を図るのであれば別の方法もあるだろうし、特別これがエコに貢献するということもなさそうだが、こういうテクノロジーの使いかたがあってもいいと思わせる。

ゴッホの史跡を巡り、こんな道を通って宿に帰るなんていう旅行も素敵ではないか。

*出典:STUDIO ROOSEGAARDE -VAN GOCH BICYCLE PATH-

 

【関連記事】

※ 【注目の東京モーターショー:ホンダ4輪編】セダンタイプの新型FCVや新型NSXが注目だ! 

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

※ 【注目の東京モーターショー】トヨタの新発想!ニューレトロなコンセプトカー「KIKAI」

※ 【注目の東京モーターショー】走るモバイルバッテリー、スマホも充電できちゃう?日産ブースのみどころ「TEATRO for DAYZ」

※ 【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

1ページ目から読む