クルマにスクーターを載せるなら折りたためばいい

ET_Scooter01

E.Tスクーターと名づけられたこのアイテム。最大の特徴はその折りたたみ方法だ。3本のチューブからできているような構造で、ステアリングヘッドパイプからリヤタイヤを支えるフレーム、そしてシートレールがそれぞれ生えている。そしてそれぞれを折りたたむと、3本のチューブをひとつにまとめることができるのだ。

ET_Scooter04

折り畳んだ状態なら、普通のクルマのトランクルームに簡単に収納できる。折り畳みや、展開に要する時間はものの5秒くらいだ。

ヘッドライトもついているし、前後にはワイヤー式のディスクブレーキが装着されている。

ET_Scooter03

なんといっても魅力はそのデザインだろう。

おそらく電池やモーターはうまくチューブやハブに内蔵できているのだと思うが、非常にスッキリした外観で機械っぽさを廃している。ブレーキのワイヤーも外にはあまり露出しないようにフレーム内を通しているらしく、デザインに気を使っていることがわかる。

ET_Scooter05

1ページ目から読む