クルマにスクーターを載せるなら折りたためばいい

35〜40kmの航続距離を誇る

E.Tスクーターは重量30kg。55km/hまで出す性能を持っているというが、各国の交通法規にしたがって調整されることになる。搭載されるバッテリーはリチウム・ポリマー式で、900回の放充電が可能だという。そして1回の充電で35〜40kmの距離を走行できる。カラーは白と黒が用意される予定だ。

じっさいのところ、スクーターのフレームには縦方向(上下方向)に力がかかる。その方向に折り畳み機構を設定するというのは、折りたたみ自転車でもやらない方法なので、だいぶ不安を感じる。もっともあまりスピードを出すものではないし、長距離を移動するものでもないだろうから大丈夫なのかもしれないが。

ET_Scooter02

このE.Tスクーター、2015年の1月までには発売開始できそうだということで、販売価格は2,990ドルになるようだ。走る姿はちょっとユーモラスだが、スタイリッシュなデザインはおおいに魅力的だ。クルマで出かけて、その先で乗りまわしたいひとにはマッチするかもしれない。

*出典:KICKSTARTER -E.T Scooter , World’s most innovative electric transporter.-

 

【関連記事】

※ 【注目の東京モーターショー:ホンダ2輪編】ハイブリッド3輪車と軽量スーパースポーツが見どころ! 

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

※ 【注目の東京モーターショー】トヨタの新発想!ニューレトロなコンセプトカー「KIKAI」

※ 【注目の東京モーターショー】走るモバイルバッテリー、スマホも充電できちゃう?日産ブースのみどころ「TEATRO for DAYZ」

※ 【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

1ページ目から読む