水と空気から燃料を作ってしまう工場が現実に

水素だって水から作れる

ちょっと話がズレるが、上に書いた燃料生成のプロセスをもういちど思い出してほしい。まず水を電気分解して水素を取り出しているのだ。これは先日トヨタから発表された燃料電池車(FCV)の燃料になるものである。

つまり、水素を作るのは、このディーゼル燃料を作るのと、途中まで同じ原理を使うことができ、しかもより簡単なのだ。もっとも水素をFCVに充填するためには高圧にしないといけないので、そのぶんの設備やコストはかかってしまうが。

いっぽう問題なのはディーゼル燃料や水素燃料を作り出すために必要な電力である。ここに化石燃料による発電で作った電力をあてていては、もとがとれないので本末転倒だ。

しかし、将来太陽光エネルギーや風力エネルギーをもっと活用しようと思ったときに問題になるのは、発電が安定しないことだ。そのときここで紹介したような技術を使えば、電力が供給過多になるような時間帯に、その余剰電力を使ってカーボンニュートラルな燃料を生成し、自然エネルギーによる発電が低下する時間には、そういったカーボンニュートラルな燃料を使った発電で電力供給を補うということが可能になる。

このシステムは今後のエネルギー問題へのひとつの解決策になるかもしれない。「あらゆるエネルギーは水素で保存するようになるかも」も、あわせてご確認いただきたい。

*出典:Audi Media Services -New Audi e-fuels project: e-diesel from air, water and green electricity-

 

【関連記事】

※ トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案

【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

「空飛ぶクルマ」が実現!? 米トヨタが特許出願、未来はすぐそこに ?

トヨタが人工知能開発に約60億円の巨額投資、MIT・スタンフォード大と3強連携

1ページ目から読む