気になる次世代環境車「PHV」各社の違いまとめ

PHVの魅力はモーターによる「EV走行」と「航続距離」

「PHV」はEVと同様にモーター走行が可能なだけで無く、たとえバッテリー残量が少なくなってもエンジンを搭載しているため、充電スポットを探す必要が無く、安心してドライブを楽しめるのが魅力。

世界の自動車各社から多様なシステムが展開されているが、モーター走行可能な距離も様々。

今回はそれぞれの違いを整理してみたい。システム別に分類すると以下となる。

・PHV:HVをベースにバッテリーを高容量化、EV走行性能を向上(プリウスPHV、BMW i8等)
・PHEV:EVをベースに加速時など高負荷時にエンジンを利用(三菱アウトランダー等)
・レンジエクステンダー:EVをベースに発電用小型エンジンで航続距離を拡大(BMW i3等)

代表車種を事例にそれぞれのシステムの詳細を見ていこう。

■トヨタ プリウスPHV (FF)

エンジンとモーター(減速時の発電機を兼ねる)で前輪を駆動。

TOYOTA_PHV

<走行モード>
・EV:バッテリー残量大の場合はモーターで走行
・HV:バッテリー残量小や加速・登坂時はエンジンで走行

EV走行での航続距離:26.4km(JC08モード)
駆動用電池:リチウムイオン(総電力量 4.4kWh)

■BMW i8 (PHV 4WD)

モーターで前輪を駆動、エンジンで後輪を駆動。

BMW_i8

<走行モード>
・eDrive:モーターのみで走行
・HV
モーターとガソリン・エンジン両方の駆動力を最適制御
バッテリー残量大の場合はモーター走行を優先(発進・追い越し共)
バッテリー残量小時はエンジンで発電、加速・登坂時にはエンジンがサポート

EV走行での航続距離:35km(JC08モード)
駆動用電池:リチウムイオン(総電力量 7.1kWh)

1ページ目から読む