気になる次世代環境車「PHV」各社の違いまとめ

■三菱 アウトランダー PHEV (4WD)

エンジンとフロントモーターで前輪を駆動、リヤモーターで後輪を駆動。

MITSUBISHI_OUTLANDER_PHEV_01

<走行モード>
・EV:バッテリー残量大の場合はモーターで走行
・シリーズ:バッテリー残量小時や加速・登坂時はエンジンで発電してモーターで走行
・パラレル:高速走行時はエンジンで走行、加速・登坂時にモーターがアシスト

EV走行での航続距離:60.2km(JC08モード)
駆動用電池:リチウムイオン(総電力量 12kWh)

MITSUBISHI_OUTLANDER_PHEV_02
■BMW i3 レンジエクステンダー (RR)

モーターで後輪を駆動

BMW_i3

<走行モード>
・EV バッテリー残量大の場合はモーターで走行
・レンジエクステンダー バッテリー残量小時にエンジンで発電してモーター走行

EV走行での航続距離:229km(JC08モード)
レンジエクステンダー:航続距離を最大300km延長
駆動用電池:リチウムイオン(総電力量 21.8kWh)

このように一口で「PHV」と言ってもエンジンとモーターをシチュエーションに合せて使い分ける「トヨタ プリウスPHV」、両方を合成してパワーアップを図る「BMW i8」、バッテリー容量を活かしてモーターを主に使う「三菱アウトランダーPHEV」、小型エンジンで発電してモーターで走る「BMW i3」といった具合に様々なシステムが存在。

まもなく燃料電池車FCV「MIRAI」が発売されるものの、普及期を迎えるまでは欧州勢の動きからもHVの発展形である「PHV」が当面の主流となりそうな情勢だけに、今後ますます各社の設計思想がシステムへ顕著に現れて来そうだ。

*参考:トヨタPHVBMW i8BMW i3三菱PHEV

 

【関連記事】

【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案

【未来予想図】プリウスの変遷から「スポーツHV」が見えて来た!

「空飛ぶクルマ」が実現!? 米トヨタが特許出願、未来はすぐそこに?

トヨタが人工知能開発に約60億円の巨額投資

1ページ目から読む