バイク乗り待望!ヘルメット内に情報を表示するHUD

さまざまな拡張機能も用意されている

このBIKEHUD ADVENTURE、基本的にどんなバイクでも使える。また、自分がいま持っているヘルメットに装着することができる。別のヘルメットにつけ替えることも可能なので、ヘルメットを買い替えても使い続けることができる。

BIKEHUD_AD03

表示部には車速、GPSナビゲーション、リヤビューカメラ(別に取り付ける必要がある)、さらにはスマートフォンと連動した情報を表示させることができる。さらにバイク側にBIKE HUBというユニットを接続させれば、より細かいスピードの表示、入っているギヤ、エンジン回転数などの表示も可能だ。

BIKEHUD_AD05

ディスプレイのサイズは1インチ。見たときには、5フィート(約152cm)先に、25インチの画面があるように見えるという。内蔵電池では4時間作動する。また電源ケーブルを接続して使うこともできるという。各種設定はPCやスマートフォンとWiFIで接続して行う。スマートフォンはまずAndroidとiOSに対応する形でスタートするという。

BIKEHUD_AD01

なおこのBIKEHUD ADVENTUREはレーシングユースも想定されていて、ラップタイムやセクタータイムを表示させたり、ピットクルーからの伝達事項を表示させる機能なども準備されている。

車速やエンジン回転はともかく、GPSによるナビゲーションやリヤビューカメラの映像を視界の中に表示することができるのは非常に便利ではないだろうか。ちょっと資金の集まりぐあいがよくないのが気になるが、バイク乗りなら興味がわくひとも多いのではないだろうか。ちなみに私はちょっと出資してみたい気になっている。

*出典:KICKSTARTER -Smallest flexible motorbike Head-Up Display HUD with cameras-

1ページ目から読む