LEDから人間の耳まで、3Dプリンターが創造する未来

LEDを印刷する

米プリンストン大学の研究チームが、半導体を含む「インク」を使い、3Dプリンターで量子ドットLEDを印刷したと発表した。

LED概念図

プリンストン大学のマイケル・マカルパイン(Michael McAlpine)助教授が率いる研究チームは、半導体と他の素材を利用して実際に機能する電子回路を印刷する技術を開発しているのだ。

マイケル・マカルパイン研究チーム

また、彼らは3Dプリンターを使った新たなインプラントへの道も切り開こうとしている。

マカルパイン氏は、半導体インクが満たされたカートリッジであらゆる回路を出力できるようになるはずだと言う。例えば電子機器を組み込んだインプラントだ。

神経組織を成長させる基板を印刷する事ができて、そこにLEDと回路を印刷できれば、光が神経を刺激するインターフェイスを人工腕に使用することができるだろうとマカルパイン氏は言う。

印刷されたLED

また、量子ドットLEDは低消費電力で高輝度であり、その上色再現も偏りが無い。さらに極薄で柔軟性も高い。

これらの性質を新たに開発した3Dプリンターで利用すれば、コンタクトレンズ上にディスプレイ装置を組み込むこともできるようになるだろうという。

ところでマカルパイン氏の研究チームは昨年、3Dプリンターで「バイオ電子」耳を製造していた。

1ページ目から読む