痛くない針なし注射器の開発に成功

高速発射気泡を利用した注射とは

実は針なし注射器というだけであれば、既に存在していた。しかし従来の針なし注射器はバネの力を利用して高圧で液体を発射する方式であったため、皮膚を貫く際に痛みを伴い、神経を傷つけるリスクもあった。

また、細胞手術などで使われるマイクロデバイスの主流である電気メスも、細胞壁を切開する際に高周波の強力な電気を当てるために、細胞に熱ダメージを与えてしまう欠点があった。しかもこれらのデバイスの操作には、高度な熟練が必要だったのだ。

そこで山西准教授は2012年に、「マイクロバブルインジェクションメス」を開発した。

これは液体中で電圧をかけることで、マイクロレベルの気泡を高速発射し、その力で細胞を切開すると同時に、試薬や遺伝子を輸送することができるという技術だった。

そして今回、この「マイクロバブルインジェクションメス」を空気中でも利用できるように開発されたのが、針なし注射器だった。

全長約10cmの針無し注射器

開発された針なし注射器では、メスを覆うガラス製のシェルの位置を前方に突き出したことで、細胞と気泡導入部を密着させることにした。

「針なし注射器」の構造

その結果、薬が外部へ漏れたり薄まったりせずに、十分な液量を高い精度の位置制御を行いながら体内に送り込むことができるようになった。

注射の仕組み

つまり、熟練度が低くい医師でも安全に目的の場所に注射できるのだ(だからといって熟練度が低くても構わないわけではないが)。

そして何よりの朗報は、痛みが伴わないということだった。そして穿孔径は4μmとマイクロレベルであるため、細胞へのダメージも小さいという。

1ページ目から読む