ヤモリが宇宙を救う!? スペースデブリ(宇宙ゴミ)回収の新技術

ロボットアームの先端に装着を想定

研究者のParness氏によれば、この装置は回転している物体などにも有効だという。下の動画でも見ることができるが、実験では宇宙船のパネルの素材を胸につけた人(113kg相当)をつかむことにも成功している。

現在は人間がこのヤモリ式つかみ器を持って実験を行っているが、いずれはロボットアームの先などに装着することを想定している。

やがては、このヤモリ式つかみ器を搭載したロボットがスペースデブリを回収することになるかもしれない。

また、最近のロボット工学では、生き物にヒントを得た機構が急速な発展を遂げている。生物をより知ることは、ロボットの発展においても重要な要素なのだろう。

 

【関連記事】

※ 2015年に注目したいドローン業界の動き5選

※ 水深3,000mの海底に清水建設が壮大な夢を描く

※ スターウォーズのあれが現実世界にやってくる

※ 2015年に注目すべき身近なロボットたち5選

※ 自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

 

【参考】

※ NASA Jet Propulsion Laboratory

※ ESA space ferry moves Space Station to avoid debris – ESA 

 

1ページ目から読む