空撮から水面下まで!ウォータープルーフのドローンが登場

GoPro搭載可能のウォータープルーフモデル

すでに発売されているのは『QuadH2o』というモデルは、4つのローターを持つクアッドコプター。

アクションカムである『GoPro』を搭載でき、ウォータープルーフなので、空を飛べるだけでなく、着水してそのまま水面下の映像を撮ることもできる。雨の中を飛行することもできるし、水上から離陸することも可能だ。

 

6ローターモデルもまもなく登場

そしてまもなく登場するのが、『HexH2o』というモデルだ。その『Hex(ヘックス)』という6角形を意味する名の通り、ローターが6つに増え姿勢制御や機動性などが強化されている。

それに伴って『GoPro』をただ搭載するだけでなく、3軸のジンバルスタビライザーを使ってマウントすることができる。使用するのは『Zenmuse H3-3D』というジンバルだ。これによってドローンが多少姿勢を変えても、ピタッと安定した映像を撮り続けることが可能になる。

WaterProof_Drone02

もちろん『QuadH2o』と同様に、空からだけでなく水中の撮影も可能だ。着水、離水できるだけでなく、水上で任意に動かすこともできるので、水面下の撮影に関しても自由度が高い。

同社のサイトによれば、ジンバルを備えたウォータープルーフのドローンとしては世界最速だという。『Naza V2』というオートパイロットシステムを搭載し、GPSを使った自律飛行も可能だ。

この『HexH2o』キットは895ドルでまもなく先行予約開始。『QuadH2o』』キットは849ドルですでに発売されている。

空からと水面下と両方の動画を撮りたいというニーズはあまり多くないかもしれないが、マリンスポーツや野生動物の撮影などでは活躍しそうだ。こういったドローンの活用で、また新しい映像が見られるようになるかもしれない。

 

【関連記事】

※ この飛行機ドローンは着陸の難しさを見事にハックした

※ ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

※ 2014年に注目されたドローンの話題トップ5

【参考・画像】

※ Waterproof Multirotors – QuadH2o

1ページ目から読む