ウソでしょ!? 座っているように見えて猛烈に「運動」できる椅子

テクノロジーは健康に貢献するか

紹介しておいてなんだが、運動好きの私からいわせると、おススメはできかねる。座ったままやるアイソメトリック(静的)の運動なんて、かなり片寄った筋肉の使い方になりそうだし、生活のなかで使う動作に直結しない。

そもそもこんな局部的な筋肉の使い方で、そんなにカロリーが消費できるのかどうかも疑問だ。まぁ、「なにもしないよりはマシ」という程度だろうか。

やはり歩いたり、走ったり、自転車に乗ったり、泳いだりといった、自分の身体を移動させるタイプの有酸素運動の方がずっと好ましいと思う。

 

健康は人々の大きな関心事なので、エクササイズに関連づけたデバイスというのは近年数多く登場している。ひとつの“稼げる”ジャンルなのかもしれない。

たしかに、モチベーションを上げるためにアプリでエクササイズにゲーム性を付加したり、デバイスでデータを蓄積したりするのは効果的だろう。

しかし、エクササイズはやはり身体を動かすしかないので、テクノロジーでエクササイズが容易になるということは、残念ながらまずない。結局のところ、汗をかくしかないのだ。

 

【関連記事】

※ 3Dプリンターを駆使!美しい義足が高性能・低コストで実現

※ あなたにいま必要な栄養素がすぐ分かる魔法のペン

※ 電気がないなら太陽光で調理すればいいじゃない

※ 私たちはまだ本当の「バイラルメディア」を知らないのかも

※ 温度調整が自由自在!ポンプ式の本格防寒ジャケット

 

【参照・画像】

The Invisible gym in your living room – TAO Wellness

1ページ目から読む